クライム(犯罪) ミステリー・サスペンス 海外ドラマ

海外ドラマ『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』感想/誘拐されていた彼女はただの被害者?

投稿日:

BBC制作のドラマ『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』を観ました。

『キリング・イヴ』でサイコキラーを演じるあのジョディ・カマーが初めて主役を演じたのが本作。

魅力的なサイコパスがきたよ!海外サスペンスドラマ『Killing Eve キリング・イヴ』第1話のあらすじと感想

2019年12月1日/U-nextで『キリング・イヴ』の配信が始まりました。31日間無料お試し期間あり。 wowowのサイト上で、『Killing Eve キリング・イヴ』第1話が無料配信されているの ...

『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』は、誘拐されてから13年後に家族の元に戻ってきた女性アイヴィー・モクサム(ジョディ・カマー)を巡る心理ミステリーです。

一筋縄ではいかないストーリー展開とジョディ・カマーの熱演がとてもよかったのでご紹介。

『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』はAmazonプライムビデオで配信中です。(20年3月現在)

Huluでも配信中です。(20年3月現在)↓

『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』あらすじ

13年前に誘拐され行方不明だったアイヴィー・モクサム(ジョディー・カマー)が監禁場所から逃げて出すところから、物語が始まります。

学校に向かうはずだったアイヴィーが何者かに誘拐される事件が発生してから13年。

警察による捜査も虚しく、アイヴィーの行方は全く分からないままでした。

ある日、アイヴィー誘拐事件は急展開を見せます。

ついにアイヴィーが見つかったのです。

アイヴィーは監禁場所から逃げ出してきたところを警察に保護されます。アイヴィー誘拐事件の担当となったのはリサ・マーチャント刑事とエリオット・カーン刑事。二人は誘拐犯の情報を得るために、アイヴィーの事情聴取を始めます。

しかし、アイヴィーの証言はどれも曖昧で、犯人につながる手がかりはなかなか掴めません。

また、13年ぶりに再会した家族もアイヴィーが生きていたことを喜びますが、誘拐前と変わってしまったアイヴィーの様子に戸惑いを隠せないでいます。アイヴィーが誘拐されたのは13歳のとき。今は26歳になっていました。

アイヴィーが見つかったことをニュースで知ったティムは、彼女に会いに行きます。ティムはアイヴィーが当時付き合っていた男性。アイヴィーはティムの来訪を喜びます。

偽造クレジットカードの使用履歴から、ついにアイヴィー誘拐犯が判明します。

マスコミが犯人の情報を報道する中、誘拐犯は新たな誘拐事件を起こしてしまいます。

そんな中、リサとエリオットはある防犯カメラの映像を見たことで、アイヴィーの証言に疑問を抱くようになります。

アイヴィーは本当にただの被害者なのでしょうか?

それとも…

『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』キャスト

アイヴィー・モクサム(ジョディ・カマー)

13歳のときに誘拐された女性。13年後に監禁場所から逃亡する。

クリスティーナ・モクサム(ナターシャ・リトル)

アイヴィーの母親。アイヴィーに、昔と変わらない暖かい家庭を見せようと奮闘する。

アンガス・モクサム(スチュアート・グラハム)

アイヴィーの父親。アイヴィーが誘拐される前から浮気していた。家を出て浮気相手と暮らしていたが、アイヴィーが見つかったため、家に戻ることに。

エマ・モクサム(キャサリン・ローズ・モーリー)

アイヴィーの妹。実家に婚約者を住まわせている。

ティム(アナイリン・バーナード)

アイヴィーが13歳のときに付き合っていた男性。しばらくの間、結婚していることを隠していた。

エロイーズ(エレノア・ワイルド)

アイヴィーが13歳のときの親友。彼女にある負い目がある。

リサ・マーチャント(ヴァリーン・ケイン)

出世意欲の強い刑事。アイヴィーに対しては冷静…というか冷たく接する。

エリオット・カーン(リチャード・ランキン)

アイヴィーに同情的な刑事。

『13(サーティーン)誘拐ファイル』感想

話数が5話と少ないだけあって、展開が早くて結末まで緊張感が続くところがよかったですね。そして、アイヴィーを演じるジョディ・カマーがとにかく素晴らしかったです。

劇中、13年の間に起こった具体的なことはほとんど明かされません。

それでも、アイヴィーの虚ろな表情やぎこちない仕草から、彼女がひどく虐げられてきたことが痛々しいほど伝わってくるんですよ。

アイヴィーの傷ついた演技がリアルすぎるからでしょうか、

アイヴィーのそばにいるどいつもこいつもが怪しく見えて困る。

やけにアイヴィーに入れ込んじゃったり、あからさまにアイヴィーから避けられたり、挙句の果てに、「こいつはアイヴィーじゃねえ!」って言う人もいたりで…

アイヴィーを誘拐した犯人は早々に判明するんですけど、(実はそれ以上に何かがあるんだよ…)と言わんばかりの演出のオンパレード。

ミステリーの仕掛けのつもりなんだろうけど、ちょっと多すぎる。

願わくば、伏線は一つ二つに絞ってくれたら、もっと自然に物語を追いかけることができて良かったんですけどね。

伏線回収係のはずのリサとエリオットの刑事コンビが、痴話げんかばっかしてて役に立たないからな~。

…ちょっとぶつぶつ言ってしまいましたが、それを差し引いても、『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』は内容の濃い、面白いドラマでした。

『キリング・イヴ』の振り切れたサイコっぷりとは真逆のジョディ・カマーも素晴らしいので、ぜひ観てみてください。

『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』はHuluで配信中

ドラマ『13(サーティーン)誘拐事件ファイル』全5話はHuluで配信されています。1話約50分・全5話なので、無料期間内(2週間)で観終われそう。

Amazonプライムビデオで観たい方はこちら↓(20年3月現在)

関連キーワード

-クライム(犯罪), ミステリー・サスペンス, 海外ドラマ

Copyright© ミステリープール , 2020 All Rights Reserved.