ミステリー・サスペンス 海外ドラマ

ネタバレ/海外ドラマ感想:『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2は不完全燃焼でがっくり。

投稿日:

ネタバレしていますので、未見の方はご注意ください。

スタチャンEXで、『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2を最終回まで観ました。

序盤は面白く観ていたんです。緊張感漂う空気に火花が散ったら爆発してしまいそうな予感があって、ハラハラさせられました。

こんなワクワクな感想も書いていたくらい↓

海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2感想/シーズン1の事件後、モントレーの彼女たちはどうなった?

AmazonプライムビデオのスタチャンEXで配信が始まった『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2。待望の新シーズンですよ! アメリカで配信されたのが6月だから、日本上陸早かった〜!ありがたやありがたや。 ...

しかしそんな気持ちは徐々に尻すぼみに…。

例えるなら、いい火種があったのに、最後まで火がつかずに終わってしまった印象。不完全燃焼が残念なシーズンでした。

シーズン1の事件に関わったマデリンたち5人それぞれの問題が語られるんですが…

なんというか、もう、終始ごちゃごちゃ、わちゃわちゃしている印象しかなくなっちゃいました。

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2あらすじ

シーズン1で起こった事件(セレステのDV夫ペリーの死)の後、子供たちの小学校が新学期を迎えたところからシーズン2は始まります。事件現場にいたマデリン達は、陰で"モントレー5"と呼ばれているようです。

セレステの義理母メアリールイーズがセレステの家にしばらく滞在することになりますが、彼女はセレステが事件の真相を偽っていると感じます。

事件の真相を隠して嘘を突き通すマデリンたちですが、その嘘は彼女たちの生活をじわじわと脅かすようになります。

メアリルイーズは、孫の親権をとるため、セレステに対して裁判を起こすことに。

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2で、彼女たちはどうなった?(ネタバレ注意)

さて、彼女たちがシーズン2を通してどんな風にごちゃごちゃ、わちゃわちゃしていたかと言うと…

○マデリン:

娘との会話を夫のエドに聞かれてしまい、演出家との浮気がバレてしまいます。

→最終的にはエドが折れて、家族だけでもう一度結婚式をし、新たな結婚の誓いを立てます。

○ジェーン:

セレステの双子とジギーは、自分達が兄弟だということ知ります。子供たちの間で一波乱起こるかと思いきや、双子とジギーは仲良くやっている様子。

ジェーンは同僚のコリーと接近していくが、レイプ事件のことがトラウマで、ジェーンは一度彼と距離をおきます。

→理解ある態度を見せるコリー。この2人はうまくいきそう。

○レナータ:

旦那の投資詐欺のせいで破産し、豪邸を失います。

→さらに旦那が子守と浮気していたことを知り、ブチ切れて旦那の高価な鉄道模型をぶち壊します。

○ボニー:

ペリーの背を押した彼女は、その罪悪感に押しつぶされそうでした。

→憎んでいた母が突然亡くなります。それで色々と吹っ切れたのか、夫に対して「あなたを愛していない」と告げます。

○セレステ:

未だにペリーの呪縛に囚われていたセレステ。双子の親権をめぐって義母のメアリルイーズに裁判を起こされます。

→セレステが義母の過去を裁判で責めます。結果、義母は養育者としての資質を疑われ、セレステが裁判に勝ちます。

→そして最後は、みんなで警察へGo!

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2感想

ボニーの物語が薄い

シーズン1では今いちキャラが立っていなかったボニー。今シーズンは母親との確執、耐えきれない罪悪感に壊れて行く姿が多いに描かれていました。

母親との確執をペリー事件の背景として出してくるなら、もっと丁寧に描いて欲しかったように思うんですよね。

だって、母親と暴力夫のペリーを重ねるくらいの恨みですよ?

ボニーママとボニーの過去の関係性をもう少し具体的に描いてくれたら、もっと彼女の物語に入り込めたと思います。

悲壮感のない彼女たち

シーズン2は、シーズン1でついた嘘の代償を描いているはず…なんだけど、彼女たちから、それほどの悲壮感が伝わってこなかったのが期待外れでした。

浮気がバレたマデリンは、別れるのかやり直すのかハッキリ言わないエドに逆ギレするし、レナータは旦那のせいで豪邸も財産も失うけど、彼女自身が稼いでるから生活には困らないだろうし。

レナータには旦那のおもちゃを壊すんじゃなくて、もっと何か致命的なものを壊してほしかったですね。

嘘の代償の描かれ方がソフトすぎるせいで、何のカタルシスも得られませんでした。

視聴中ずっと私の感情フラットだったもんね。フラットになりすぎて逆に反っちゃうかと思いました。

シーズン2にも仕掛けが欲しかった

そもそもシーズン1が面白かったのは、誰が事件の被害者なのか加害者なのかが、最後まで明かされないという仕掛けでした。

その前提の中で、事件の加害者になり得る女性たちの物語が展開されたから面白かったんですよね。

一見幸せそうな彼女たちの中で、誰がどんな動機を育てているのか、何が事件のきっかけになるのか、という視点で彼女たちの生活を見ていたから面白かったんです。

それが、何の仕掛けもないシーズン2では、結婚生活のあれやこれやを延々と見せられているだけ、っていう。

「結婚生活っていろいろあるよね。」くらいの感想しか思いつかないですよ。

多分このシーズンの見せ場のつもりであるセレステの裁判も、いたって普通。メリル・ストリープ演じるメアリールイーズのヤバさ加減が際立っていただけで、なんの盛り上がりもなし。

それでも、最後は罪悪感に耐えかねたボニーが何か起こすのでは…??

と思いきや、みんなで集まって警察に行くっていうね。

そうだけども。

それは正しいことなんだけども。

一体私はこれまで何を見せられていたのでしょうか。

結婚生活が楽しいことばかりじゃない、なんてことは、結婚してれば誰でも分かることでさ、そんなものが見たいわけじゃないんですよ、私は。

そんな日常に潜む狂気やドラマが見たいんです。

この記事を書くまではこんなに憤ってなかったはずなんですが、なんだか文字に起こしている内に、どんどん不満が湧き上がってきちゃいました。思いを言葉にすると、意外な感情に気がつくものなんですね。なるほどねー。

とにかく、『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1が良かっただけに、ガッカリな続編でした。

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1の原作↓

記事キーワード

-ミステリー・サスペンス, 海外ドラマ
-,

Copyright© ミステリープール , 2019 All Rights Reserved.