ミステリー・サスペンス 海外ドラマ

海外ドラマ『ホームランド』シーズン8第1話あらすじ・キャスト・感想/これは面白くなる予感しかしない

投稿日:2020年3月31日 更新日:

『ホームランド』最終章であるシーズン8の日本での配信が、ついに始まりました。

最近のシーズンは少し勢いが落ちてきたかも、と思うところもあって不安だったんだけど…

第1話を観て実感しました。

『ホームランド』シーズン8は面白くなる予感しかしない。

息が詰まるような緊迫感も健在。

Huluで毎週火曜日に配信されるのですが、次のエピソードが待ち切れない!

『ホームランド』は登場人物も多いし、政治的な設定や展開がちょっと複雑なんですよね。置いてけぼりにされないよう、1話ごとにおさらいしていこうと思います。

シーズン7のあらすじ感想はこちら↓


最終シーズンが来る前に!海外ドラマ『ホームランド HOMELAND』シーズン7あらすじ・最終回までのおさらい!(ネタバレあり)

*記事内にシーズン6、7のネタばれがあります。 2011年から続いた『ホームランド HOMELAND』ですが、いよいよ3月24日(火)22時より、FOXチャンネルで放送されます。(*FOXチャンネルは ...

『ホームランド』シーズン8はHuluで配信中です。初めてHuluに登録するなら、2週間無料で視聴できます。

『ホームランド』シーズン8第1話の登場人物・キャスト

アメリカ陣営の登場人物

キャリー・マティソン(クレア・デインズ)

前シーズンの任務でモスクワに向かったが、ロシア情報機関のグロモフらに数か月に渡り拘束されていた。

ソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)

国家安全顧問として、アフガニスタン政府とタリバン政府の和平交渉を担当する。

マックス・ピョトロフスキー(モーリー・スターリング)

盗聴やハッキングなど、CIAの仕事を請け負っているマックスだが、今シーズンはカブールの戦闘地域に派遣される。

マイク

CIAのカブール支局に勤める。以前、キャリーの下で働いていた。

ジェナ

CIAのカブール支局に勤める新人。

ジム・トゥーロ

入院中のキャリーを訪ねてきた。(CIA?)キャリーがロシアのスパイだと疑っている。

ロシア陣営の登場人物

エフゲニー・グロモフ(コスタ・ローニン)

前シーズンでキャリーを拘束していた。ロシア情報機関GRUに所属。

パキスタン陣営の登場人物

タスニーム・クレイシ(ニムラト・カウル)

シーズン4で登場。パキスタンの諜報機関ISI所属のスパイ。ソールは、今回もパキスタンがタリバンと組んでいるのでは、と疑っている。

タリバン陣営の登場人物

アガジャン

和平交渉をするためカブールへ来たタリバン代表団の一人。

アフガニスタン陣営の登場人物

グロム副大統領

アフガニスタンの副大統領。アメリカと進めていたタリバンとの和平交渉の中止を表明をする。

『ホームランド』シーズン8第1話「ポリグラフ」のあらすじ

ソールはアフガニスタンとタリバン政府の和平交渉を進める

タリバンとアフガニスタンの和平交渉を進めるため、新政権で国家安全保障顧問を務めるソールは、アフガニスタンのカブールへ渡ることに。

カブールでは、タリバン政府とアフガニスタン政府が交渉のテーブルに着くことになっていた。

しかし、アフガニスタンの副大統領グロムが想定外の表明をする。

『アフガニスタンはタリバン兵の解放に応じる気はない』というグロムの表明を報道で知ったタリバンの代表団たちは憤慨。帰路につこうとする彼らを、ソールが止める。

もう一度交渉のテーブルについてほしい、と、タリバン代表団のアガジャンに話すソール。

交渉を継続するためにタリバン側が出した条件は、アメリカで拘束されている捕虜の解放だった。

ソールは、かつてグロム副大統領と懇意にしていたキャリーをカブールへ連れて行くことを決意。

PTSDを患い、入院中のキャリー

キャリーはロシアで収容所に監禁されていたことが原因でPTSDになり、入院していた。

入院先の病院でリハビリを続けるキャリーの元に、男が面談に訪れる。

ジム・トゥーロと名乗る男は、キャリーがポリグラフ検査に引っかかったことついて問い詰める。

ロシアからの帰国後、キャリーはポリグラフ検査を受けていた。

「他国のスパイと共謀したことはないか?」という質問に対して、キャリーが嘘をついているという結果が出てしまったのだった。

「拘束中は薬が切れていてまともな状態ではなかったし、拘束中の記憶がない。だからポリグラフの結果は正しいものではない」とキャリーは抵抗する。

ロシアでは最初の30日尋問を受け続け、その後薬を飲ませてもらえず、尋問に答えられる状態でなくなった、とキャリーは言う。

ジムが、ロシアによる尋問の中で、ベイルートの隠れ家を明かしたのでは?と聞くと、キャリーは「もう使っていない隠れ家だから教えた」と答えた。

キャリーはカタールへ

ソールがキャリーの病院を訪れ、キャリーをカタールへ誘う。二つ返事で引き受けるキャリー。

翌日、キャリーはカタールに渡る。

事前にジム・トゥーロがカタール支部のマイクに、「キャリーはロシアのスパイの可能性がある」という連絡を入れていたため、マイクは部下のジェナをキャリーにつけ、監視をする。

その夜、キャリーはメールと部屋の明かりを使い、外の誰かに合図し、密かに外出。

キャリーが向かった先は、以前からの知り合いで協力者の元。キャリーは車を手配してもらい、別の協力者、ロシャンの元へ。

ロシャンの家に着いたキャリーは、その妻から、ロシャンが協力者だとバレたことで5ヶ月前にタリバンに殺されたということを聞かされる。

パキスタンへの疑惑

一方、ソールはタスニームに接近。アフガニスタンの和平交渉が難航していることへの、パキスタンの関与を疑うソール。

タスニームは関与を否定するが、ソールは疑惑を払拭できなかった。

翌日、キャリーはアフガニスタンのグロム副大統領と面会することに。

しかし、面会場所に出向いたキャリーは、部屋から出てくるエフゲニーとすれ違う。

ロシアも、タリバンとの和平交渉に関与している?

マックスもアフガニスタンの戦地に

今回のマックスの任務は、戦闘地域に設置されている盗聴器の修理だった。

この盗聴器は、タリバン上層部ハッカニの居場所を探るためのもの。

ハッカニはマックスにとって、大使館襲撃事件を起こし、ファラを殺した憎むべき存在(シーズン4)だった。

マックスは護衛の兵士たちとともに盗聴器の隠し場所まで出向き、機器の修理に成功する。

『ホームランド』シーズン8第1話の感想

エフゲニーがあのタイミングでカブールにいたのには驚きましたね。キャリーも驚いていたみたいだけど。

ロシアに拘束されていたときに起こったことも、キャリーの回想で徐々に分かっていくんだろうね。

マックスの戦場での安否やキャリーのスパイ疑惑、アフガニスタンとタリバンを巡るパキスタンやロシアの動きとか、今後展開されていくそれぞれのテーマが見事に口火を切った第1話でした。

『ホームランド』シーズン8はHuluで配信中です。初めてHuluに登録するなら、2週間無料で視聴できます。

『ホームランド HOMELAND』前シーズンはこちら>>

関連キーワード

-ミステリー・サスペンス, 海外ドラマ
-,

Copyright© ミステリープール , 2020 All Rights Reserved.