ミステリー・サスペンス 海外ドラマ

海外ドラマ『リトル・ファイアー』/完璧な町に建つ完璧な家が燃え落ちた顛末が描かれる

投稿日:2020年7月14日 更新日:

豪邸が焼け崩れていくのを、茫然自失としながら見つめる母親。

「あちこちで小さな火があがっていたようだ。(There were little fires everywhere.)」

と消防士が話す。

「放火の可能性がある」とも。

離れたところで、醒めたような表情を浮かべ、母親の様子を窺がう子供たちは言う。

「ママはきっとイギーのせいにするわね。」

「いつもそうだからね。」

二つの家族の確執を描いた『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』は、こんなシーンで幕を上げます。

そして物語はその半年前に遡り、この豪邸が燃え落ちることになった顛末が描かれるのです。

実はあらすじを読んだときにはピンとこなかったんですが、この冒頭シーンを観ただけで、私の期待は爆上がり。

結果、まったく期待を裏切らない、見ごたえ抜群のドラマでした。

最近めっきり、面倒なお節介ママの役どころが板についてきたリース・ウィザースプーンが、今作でも抜群のウザさを見せてくれました。

©︎hulu

全8話のミニドラマシリーズ『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』はAmazonプライムビデオで配信中です。

『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』はAmazonプライムビデオで配信中です。(20年7月現在)

ドラマ『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』あらすじ

ドラマ『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』は、Celeste Ngの小説"Little fires everywhere"が原作です。

冒頭で燃え落ちた豪邸の持ち主は、エレーナとビルのリチャードソン夫婦。シェイカーハイツに住む彼らは、裕福な白人で、絵にかいたような人生の成功者です。

彼らには4人の子供がいます。長男のトリップは女好きで浅はか。長女のレクシーはスクールカースト最上位でエレーナそっくり。次男のムーディーは繊細で優しい。次女で末っ子のイジーは、家庭内でいつも問題児扱い

仕事も家庭も育児も完璧にコントロールできていて、何の問題もないと思っていたエレーナ。

しかし、彼らの住むシェイカーハイツに、ミア・ウォーレンとその娘パールが引っ越してきてから、エレーナの完璧だった生活に陰が忍び寄ります。

一方ミアの方も、エレーナとの出会によって平穏な生活が脅かされることに。


ドラマのタイトル『リトル・ファイヤー』の意味することろ

ドラマの原題は、原作小説と同じく"Little fires everywhere"

これは、冒頭シーンで消防士が言った言葉です。火事が起こったとき、"家のあちこちで小さな火が起きていた"と話していました。

小さな火をほおっておけば、いつかすべてを焼き尽くす大きな炎になってしまう。

この"小さな火"は、リチャードソン家を焼き尽くした実際の火を表しているとともに、培ってきた全てを崩壊させてしまう”きっかけ”の例え。

エレーナも夫のビルも、小さな火がおこる気配には気が付いていたのに、それを見ないふりをして過ごしていたんですね。

そしてその結果、小さな火は大きな炎となり、内からも外からも、リチャードソン家を見事に崩壊させることになります。

ドラマ『リトル・ファイヤー』の見どころ

対照的な二組の家族

ドラマでは、リチャードソン家とウォーレン親子の二組の家族が描かれます。この二組がどこをとっても対照的。

裕福な白人で、子沢山なリチャードソン一家。黒人のシングルマザーと娘の二人きりのウォーレン親子。

この二組、どちらかが理想的な家庭、というわけでもないんです。

©︎hulu

例えば、エレーナは子供達に自分の理想をこれでもかというくらい押し付けます。「美しくしていなさい」「良い成績をとりなさい」「パーフェクトでいなさい」と。特に娘たちには、自分と同じ感性、同じ考え方でいることを強要するんです。

さらにエレーナは独善的で、ぱっと見、親切で愛情深い人に見えるのがたちが悪い。自分の持っている偏見に気がつかず、自分は平等で公平な人間だ、と自負する厄介な人なんです。

©︎hulu

一方、ミアは、アートを作りながらアメリカ各地を転々とする暮らしに娘のパールを付き合わせてきました。物分かりのいい娘が色んなことを我慢していることに気がつかず、自己中心的な生き方をしています。

ミアは心底、パールを愛しているけれど、娘の立場に立って考えてあげられない。あくまで自分の都合を優先して生きています。

徐々に、エレーナの娘イジーはミアを慕い始め、ミアの娘パールはエレーナを慕い始めます。自分の家庭に足りないものを、他所の家庭に求める子供達。

対照的な二組の家族がお互いに影響を与え合うことで、実際はどうであれ何とか保たれていた平穏な家庭が崩壊の兆しを見せ始めます。

エスカレートするエレーナの暴走

©︎hulu

ある子供の親権をめぐって、いよいよエレーナとミアの関係は一触即発の状態に。

ミアへの敵対心が募るエレーナの暴走が始まります。

エレーナの怖いところは、ミアを傷つけるためなら、何の罪もない子供を平気で傷つけるところ。

すごいよね。そんなの人じゃないでしょ、もう。鬼です、鬼。

エレーナはミアの過去を探り始めます。そして、ミアがずっと隠してきたある秘密を知ってしまいます。

エレーナがミアを追い落とそうと躍起になっている間に、見て見ぬふりをしてきた”小さな火”が、ついに大きな炎になろうとしていました。

『シャープ・オブジェクツ』もおすすめ

『リトル・ファイヤー』は、偽善に彩られた町を舞台に、二組の家庭の対比が徹底的に描かれている、とても見ごたえのあるドラマでした。

母娘の確執をテーマにしたドラマは数多くありますが、ある殺人事件を追う、傷ついたジャーナリストの女性を描いた『シャープ・オブジェクツ』もおすすめ。

原作小説の空気感をそのまま再現。恐ろしい事件と悲しい傷をめぐるミステリードラマ『Sharp Objects シャープ・オブジェクツ』(『KIZU』)感想

ついに!ついに配信が始まりましたよ~!!今月、Amazonプライムビデオで『Sharp Objects シャープ・オブジェクツ』(※)が配信されました! (※スタチャンでは小説邦題『KIZU』というタ ...

『リトル・ファイアー』の後に観ると、まるであの母娘の後日談のように感じられるんじゃないかな。

ぜひ観てみてくださいね。

『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』、『Sharp Objects シャープ・オブジェクツ』はAmazonプライムビデオで配信中です。(20年7月現在)

関連キーワード

-ミステリー・サスペンス, 海外ドラマ
-

Copyright© ミステリープール , 2020 All Rights Reserved.