ミステリー・サスペンス 海外ドラマ

主人公夫妻の度胸と頭の冴えっぷりにハマったクライムサスペンス『オザークへようこそ』

投稿日:2018年7月2日 更新日:

※【9月3日更新】『オザークへようこそ』シーズン2観ました!(一部ネタバレありの感想です)↓

海外ドラマ『オザークへようこそ』シーズン2感想/ウェンディの覚醒にしびれる。

楽しみにしてた『オザークへようこそ』シーズン2がNetflixで8月31日に配信されたので、早速一気観。前作よりも、それぞれの登場人物の内面が深掘りされていて、さらに物語に入り込めました。そしてしょっ ...

『オザークへようこそ』シーズン1を紹介

ギャングとかマフィアが絡むバイオレンスな話って苦手なんですけど、そんな私が観ても、予想を遥かに超えて面白かったのがNetflixで配信されているサスペンスドラマ『オザークへようこそ』。オザークは夏になると観光客が押し寄せる田舎のリゾート地で、主人公一家がシカゴから移り住むことになった場所。(そういえばトゥルーディテクティブ3の舞台もオザークになるみたいですね。)

このドラマの何が面白いって、窮地に立たされる度に発揮される主人公夫婦の機転の良さ、頭のキレ、そして麻薬組織の前でも堂々とやり合える度胸が最高なんです。何度も「もうここで終わりか…」な展開になるものの、主人公のマーティーはあくまで冷静に淡々と、代替案を提案して難を逃れていきます。もし私が主人公だったら、エピソード1話開始20分くらいで死んでます。

ネタばれなしの『オザークへようこそ』シーズン1のあらすじと感想

Netflix Japanさん(@netflixjp)がシェアした投稿 -

主人公のマーティーは、子供が二人と妻のいる、真面目なおじさん。大学時代からの親友ブルースと投資顧問事務所を経営しています。メキシコの麻薬カルテル幹部のデルが、マーティーの誠実さ、腕の良さに目をつけたことから、彼らの組織の資金洗浄を請け負うことになります。

ブルースが彼らのお金に手をつけたことから、マーティーとマーティーの家族も命を狙われる羽目に。そこで、マーティーがデルに提案したのは、突拍子もない壮大な計画でした。

命をかけて実行することになった計画は、「オザークという田舎のリゾート地で、3ヶ月で800万ドルの資金洗浄を行う」というもの。

資金洗浄(しきんせんじょう)とは
犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽してあたかも正当な手段で得た資金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為。
(Wikipedia)

オザークへ移り住み、資金洗浄を始めますが、次々とトラブルが発生。マーティーは期限内に計画を完遂できるよう、奮闘しますが…

おじさんマーティーの驚異的な冴えっぷり

ただの真面目なおじさんに見えるマーティーですが、ストーリーしょっぱなからその機転が炸裂します。マーティーは、組織のお金の使い込みに関与している人間が次々と目の前で殺されていく中、銃を向けられ殺されるまで秒読みのタイミングで、自分のポケットの中にあるものに気づきます。

それは、先日ブルースが恋人と行ったというリゾート地「オザーク」のパンフレット。
マーティーは咄嗟にオザークでの資金洗浄を思いつき、自分に銃を突きつけている組織幹部のデルの前でプレゼンを始めるのです。

こんな絶対絶命のときに、咄嗟に思いついたアイディアで、麻薬組織の幹部を納得させるっていう…。

どんだけできる男なの、マーティー…。私ならここでさっさと頭に一発くらって退場です。

この夫にしてこの妻あり!覚悟を決めた妻ウェンディー

オザークで資金洗浄を始めてからも、命に関わるトラブルに遭遇してはギリギリ乗り越えていきます。結局家族まで資金洗浄に巻き込むことになるのですが、妻のウェンディーが腹を括ってからはますます面白い展開に。

私はこのウェンディーというキャラクターが結構好きで。最初は夫のマーティーに巻き込まれた、自分は被害者だ、って認識で、しぶしぶマーティーに着いていくんですね。オザークに着いてからも、娘は反抗的だわ、息子の挙動も心配だわ、夫は資金洗浄のことで頭がいっぱいで、話す相手もいなくて…。正直、精神的にまいった挙句、どこかで夫を裏切るんだろうと思っていたんですよね。

それが、ある時点で吹っ切れる。家族は一緒にいるべき、そのためにやるしかない、いつまでも被害者ぶっていられない、って。このね、腹を括るウェンディーがかっこよく見えちゃう。マーティーたちがやっているのはれっきとした犯罪行為なんですけど、それでも、家族のために逃げない、っていう選択をしたのはすごいこと。

それにウェンディーもマーティー同様、頭がキレるんです。マーティーだけじゃ話が進まないときも、彼女が機転を利かせてうまい方向に持っていくこともしばしば。この夫にしてこの妻ありです。

肝っ玉姉さんルース

Julia Garner 🐰さん(@juliagarner94)がシェアした投稿 -

マーティー夫婦以外の魅力的なキャラクターといえば、詐欺や窃盗で生計を立てているルースという少女。二人のいとことポンコツな叔父二人の面倒を見ています。クルンクルンの金髪パーマがかわいいんですが、いかんせん目が座ってる。言葉も汚いし、他人にはとことん冷たい。

ルースの父親は刑務所に収監されていて、彼女はこれまで誰にも信頼されず、優しい言葉もかけてもらえず、すさんだ生活を強いられてきました。

そんなルースですが、最初こそマーティーの隠しているお金を盗むことばかり画策しているのですが、マーティーやウェンディーと過ごしていく内に、徐々に心境に変化が。しかしこのルースの変化が、ある悲劇を生むことに…。

オザークへようこそ』シーズン2は今年8月末配信スタート!

嬉しいことに、『オザークへようこそ』シーズン2は今年8月末からの現地での配信が決まっています!シーズン1の最後、致命的なことが立て続けに起こるんですが、それをマーティーたちがシーズン2でどう対処していくのかが楽しみすぎます。今回ばかりは、どう挽回するつもりなんだろう…。ルース関係でも一波乱ありそうだし。

【9月3日更新】『オザークへようこそ』シーズン2観ました!(一部ネタバレあり)↓

海外ドラマ『オザークへようこそ』シーズン2感想/ウェンディの覚醒にしびれる。

楽しみにしてた『オザークへようこそ』シーズン2がNetflixで8月31日に配信されたので、早速一気観。前作よりも、それぞれの登場人物の内面が深掘りされていて、さらに物語に入り込めました。そしてしょっ ...

マーティー夫妻の度胸と頭の冴えっぷりにハマってしまった『オザークへようこそ』。私のようにマフィアやギャング系が苦手な人にもオススメのサスペンスドラマですよ。

記事キーワード

-ミステリー・サスペンス, 海外ドラマ
-,

Copyright© ミステリープール , 2019 All Rights Reserved.