SF アクション 海外ドラマ

Netflix『アンブレラ・アカデミー』シーズン2/衝撃の結末は原作コミックとリンク

投稿日:

まさにお手本のようなクリフハンガーで終わった前シーズンから約1年半、ついに待ちに待ったアンブレラ・アカデミー(Netflix)の新シーズンが配信されました。

…最っ高でした。めちゃくちゃ面白かった。

それぞれの兄妹たちの物語がしっかり描かれていながら、"地球滅亡の阻止"というメインプロットは混乱することなく走っていく見事な展開。

1960年代の陽気な音楽やファッションとのミスマッチもまたハマってるんですよね。

ハーグリーブス兄妹の新たな一面が見られたし、ますます彼らが好きになっちゃいましたよ。

ご存じの通り、アンブレラ・アカデミーの原作は、元"My Chemical Romance"ボーカルのジェラルド・ウェイとガブリエル・バーによるコミックです。現在までに3巻まで発行されていて、シーズン1はコミック1、2巻の内容をミックスしたようなストーリーになっています。

『アンブレラ・アカデミー』コミック1巻は日本語翻訳版が出ています。


ドラマのシーズン1を見る限り、コミックの内容は随分改変されていました。(いい意味で。)

私は原作よりもドラマ派だな。『アンブレラ・アカデミー』ドラマと原作を比べてみました。

Netflixで配信中の『アンブレラ・アカデミー』はもう観ましたか? アクションとかヒーロー物は普段観ない私が、すっかり虜になってしまいました。 私にとっては『アンブレラ・アカデミー』は『ロシアン・ド ...

ちなみにドラマ版と原作コミックの登場人物の見た目の違いはこんな感じ↓

そして今シーズン。

あの結末は衝撃的でしたよね。まさかのタイムパラドックス。実はあの結末は、コミック最新刊"Hotel oblivion"最終話のラストとシンクロしているんです。原作の方はどんな描かれ方をしているのかは後ほど見てみるとして、まずはドラマ版『アンブレラ・アカデミー』シーズン2のあらすじを。

『アンブレラ・アカデミー』コミック3巻(最新刊)。



ここからネタバレにご注意ください。

『アンブレラ・アカデミー』シーズン2あらすじ

シーズン1のラスト、暴走するヴァーニャの力によって地球が崩壊する寸前、ナンバー・ファイブが兄妹全員を連れてタイムスリップしました。

『アンブレラ・アカデミー』シーズン2は、ファイブのタイムスリップ直後から始まります。

ファイブがタイムスリップしてきたのは1963年のダラス。一緒に連れてきたはずの兄妹たちは、60~63年と、それぞれがバラバラの年にタイムスリップしてしまいます。

タイムスリップしてきたファイブが目の当たりにしたのは、核爆弾によって世界が滅びる瞬間。

そこに現れたヘイゼルに助けられ、核爆弾が落とされる10日前にタイムスリップしたファイブは、地球滅亡を防ぐために、兄妹たちを終結させようと奔走します。

ハーグリーブス兄妹の新たな人生

タイムスリップした年がバラバラだったため、兄妹たちはたどり着いた場所で、それぞれ新たな人生を歩むことを余儀なくされます。

〇ルーサー(No1)

ルーサーはボクシング賭博、バーの用心棒などをしています。ルーサーを雇っているのは、ジャック・ルビー。このジャック・ルビーというのは実在の人物。ケネディー大統領暗殺犯のオズワルドを射殺した人物です。

〇ディエゴ(No2)

ケネディー大統領暗殺を止める、と吹聴していたために精神障害を疑われ、精神病院に収容されてしまいます。何としてもケネディー暗殺を防ごうと病院を抜け出しますが、同じく病院に収容されていたライラという女性がついてきてしまいます。

〇アリソン(No3)

1960年代は黒人差別が横行していた時代。アリソンは、公民権運動にまい進する活動家の男性と結婚し、自分も差別撤廃のための抗議運動に精を出します。


〇クラウス(No4)

お金持ちのマダムに拾われた後、気が付けばカルト宗教団体の教祖になっていました。さらにその時代には、前シーズンで失った最愛の人デイヴが生きていることを知ります。

〇ファイブ(No5)

地球滅亡の直前にタイムスリップするが、ヘイゼルに助けられ、地球滅亡を防ぐために兄妹たちを集結させようと奔走します。

〇ベン(No6)

クラウスとともにタイムスリップ。クラウスの体に憑依できるようになり、つかの間、生者の世界を堪能するのですが…

〇ヴァーニャ(No7)

タイムスリップ直後、記憶喪失になります。ひょんなことからマリーン・アイルランド演じる人妻シシーの農場にお世話になることに。ヴァーニャはシシーと親密になっていきます。

『アンブレラ・アカデミー』シーズン2のラストは原作コミックとリンク

ハンドラーを倒し、世界の滅亡を防いだアンブレラ・アカデミーの面々。コミッションの厚意で、ついに元いた時代に戻ることに。

しかし、元の時代に戻ってきた彼らが出会ったのは、死んだはずのレジナルド・ハーグリーブス。レジナルドは兄妹たちに「ここは君たちの家ではない。ここは、スパロー・アカデミーだ。」と告げる。

後ろを振り返ると、そこにいたのは自分たちと似た制服を着る5人(浮遊する緑のキューブがメンバーなら6人?)。

呆然とする兄妹たちの前に進み出て来たのは、ベンとそっくりだけど、明らかにベンではない青年

この"アンブレラ・アカデミー"と"スパロー・アカデミー"が対峙するシーンは、原作コミック最新刊"Hotel Oblivion"(ホテル・オブリビオン)の最終話に登場します。

原作コミックでアンブレラ・アカデミーがスパロー・アカデミーと出会うのは、敵との戦いの最中。

突然現れたスパロー・アカデミーのメンバーたちは、特殊能力を使い敵を撃退します。

コミックの中で"スパロー・アカデミー"という名前は出てきていませんが、彼らの制服の胸元には、"すずめ"のような鳥のマークが見受けられます。

彼らの内、数名の特殊能力は原作で描かれています。一人は怪力の持ち主、一人は鳥の群れに変身でき、一人は自分の痛みを他人に移す能力があるようです。

彼らはライラと同様に、アンブレラ・アカデミーのメンバーたちと同じ日に生まれた43人の子供たちの一部、ということなんでしょうね。

ドラマ版では、"スパロー・アカデミー"のメンバーとしてベンが登場しましたが、それはドラマオリジナルのアイディアのようです。

原作最新刊もスパロー・アカデミーが登場したところで終わっていて、作者のジェラルド・ウェイは現在続巻を執筆中とのことです。

ドラマはシーズン3更新のニュースはまだ聞こえてきませんが、今シーズンはRotten tomatoでもIMDBでも評価が高いので、よっぽどのことがなければ更新されると思いますが…。

次はどんな胸熱な展開が待っているんでしょう。"スパロー・アカデミー"側のベンにも注目ですね!

『アンブレラ・アカデミー』コミック1巻は日本語翻訳版が出ています。



スパロー・アカデミーが登場する『アンブレラ・アカデミー』コミック3巻(最新刊)。



関連キーワード

-SF, アクション, 海外ドラマ
-,

Copyright© ミステリープール , 2020 All Rights Reserved.