ミステリー/サスペンス映画

予想がことごとく覆される!スペイン発の良質なミステリー映画『ロスト・ボディ』

投稿日:2018年5月9日 更新日:

連休中に観た映画の感想を忘れない内に紹介しておきます。スペインの傑作ミステリー映画『ロストボディ』です 。※ネタバレなしです。

邦題がイマイチだなー、原題はさぞかし気の利いたタイトルなんだろうに、と思って調べてみたら、

El cuerpo、「死体」って意味でした。

…んー。まぁ、どっちもどっち。

タイトルはともかく、結末の予想を気持ち良いほど裏切られた傑作ミステリー映画でしたよ!張り巡らされた伏線も見事に回収されます。

『ロストボディ』 (2012)
出演: ベレン・ルエダ, ウーゴ・シルバ, ホセ・コロナド, アウラ・ガリード
監督: オリオル・パウロ
<あらすじ>遺体安置所の警備員がトラックに轢かれる事件が起こった。同じ頃、その遺体安置所から、ある女性の遺体が消失していた。遺体の女性の夫であるアレックスが警察に呼ばれるが、そこで恐ろしい出来事が起こり始める。

遺体消失の謎

遺体安置所から消えた死体は、大企業を経営していた資産家のマイカ。その夫であるアレックスが遺体安置所に呼び出されるのですが、このアレックスに警察が疑惑の目を向け始めます。実はアレックスは不倫をしていました。マイカは10歳以上年下のアレックスを束縛する独占欲の強い女性で、アレックスはそんな妻との生活に嫌気がさしていたのです。

若く美しい愛人のカルラと一緒になりたいが、不倫がバレると、財産分与をしてもらえなくなる。そこでアレックスとカルラは、密かにマイカの殺害計画を立てるのです。しかし、アレックスとカルラが関与しているのはマイカ殺害まで。マイカは本当に死んでいるのか?そうでなければ死体が消えた理由は?

ダメ夫、アレックスの行方は…

殺したはずの妻の存在に怯え、アレックスが徐々に追い詰められていく様子が壮絶でした。最初はキレイなイケメンだったはずが、最終的に濡れ雑巾みたいになりますからね。

警察の追求も激しさを増し、ついに導き出された真相は予測不可能なものでした。全てが明らかになった後にも、最後の仕掛けが待っています。ぜひ、最後まで気を抜かずに観てください!

シッチェス映画祭2013オープニング映画に選ばれた良作

『ロスト・ボディ』はスペインで開催されるシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2013にてオープニング上映された作品です。ちなみに、この前後に公開されたのが、ホラーテイスト強めの『ロスト・アイズ』、子供の誘拐事件を扱った『ロスト・フロア』です。『ロスト・アイズ』と『ロスト・ボディ』は同じ製作チームが製作しています。さらに、このロストシリーズ(勝手にシリーズにしましたが、各ストーリーには全く関連性はないです。)すべてに、『ロスト・ボディ』でマイカを演じていたベレン・ルエダが出演しています。『ロスト・アイズ』はともかく…『ロスト・フロア』はちょっと…良くない意味で予想を裏切らないというか…まぁ、観なくても損はしないかな…(ゴニョゴニョ)。

スペイン発ミステリー、サスペンスがもっと観たいなら!

もっとスペインのミステリー、サスペンス映画が観たいというあなた!『ロスト・ボディ』のオリオル・パウロ監督が撮った『インビジブル・ビジター』、タイトルとは裏腹なダークサスペンス映画『マジカル・ガール』あたりがオススメ。マジカルガールは鬱ストーリー気味なので、あらすじを読んでいけそうな人だけいってください。お子さんがいる方は、マジカル・ガールはおすすめできません。娘を持つ私には、結構きついストーリーでした…。

『インビジブル・ビジター』はこちらの記事で紹介しています。

静かに高まる緊張感にゾクっとする!スペインミステリー映画『インビジブル・ゲスト』

前回スペインミステリー映画『ロストボディ』を紹介しましたが、『ロスト・ボディ』が気に入ったら『インビジブル・ゲスト』も気にいるかも!ということで、今日も引き続きスペインミステリーの紹介と感想をお届けし ...

記事キーワード

-ミステリー/サスペンス映画

Copyright© ミステリープール , 2019 All Rights Reserved.